Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/engekisengen/engekisengen.com/public_html/beta/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103
・インタビューしちゃいました!! 2017-02-15 00:00

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年(みほとせ)の子守唄~
崎山つばさ インタビュー

tourabu2
石切丸は自分の中で大きな脈になってくれた存在

 

 今、数ある2・5次元舞台の中でも絶大な人気を誇る作品、ミュージカル『刀剣乱舞』の新作公演が決定した。昨年末に大阪城ホールと両国国技館で開催されたライブ、ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭 2016~にてキャスト発表された時の会場の揺らめきを、崎山つばさは振り返る。

崎山 「僕は控室に戻ってモニターを見ていたのですが、そこにまで大きな歓声が届きました。すごく嬉しかったです」

 

 名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”たちが、プレイヤーである審神者(さにわ)の命(めい)により歴史改変を目論む敵を討伐するために歴史上の戦場へと出陣していく、大人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMM GAMES/Nitroplus)を原案とした本作。ファンの間では “刀ミュ”の略称で親しまれている。

 1部は歴史を軸にした殺陣も満載のミュージカル、2部は彼らが華やかな衣裳でライブパフォーマンスをする二部構成で、女性を中心に熱烈な支持を集める。新たな視点で描かれる歴史劇の重厚さと、ライブでペンライトを振りながら声援を送る楽しさを一度に味わえる、魅力いっぱいのステージだ。

 崎山が演じる石切丸は、初演である2015年のトライアル公演から“出陣”しているキャラクター。その後も2016年の本公演「阿津賀志山異聞」、イベントやライブにと、トライアル公演時からのメンバーに加え2作目の「幕末天狼傳」のメンバーとも出陣を重ねてきたが、新作公演に登場する“刀剣男士”は、“刀ミュ”初となるキャラクターばかり。これまでのシリーズの中から登場するのは石切丸のみとなる。

崎山 「新作公演に出られることは率直に嬉しい気持ちもありましたけど、やはり初演の頃とは違う心持ちにもなりました。今まで一緒に出てきたキャストたちからは“がんばって”“よろしく”と声を掛けられました。みんなそれぞれ“刀ミュ”に対する想いがあるので、それを託されたような気がします。プレッシャーがないと言ったらウソになりますが、良い意味で重く受け止めすぎないようにして、新たな『刀剣乱舞』の世界を作っていけたら。今度の共演者の方々は年上や先輩が多いのですが、“刀ミュ”のことでは僕から伝えられることもあると思うので、お互いに教えたり教えられたりして、より良い作品にしていければと思います」

 

 昨年、“刀ミュ”の“刀剣男士”たちはCDデビューやTV出演を果たし、さらに広島県宮島の嚴島神社にて、世界遺産登録20周年記念奉納行事として特別公演も行った。

崎山 「もう二度と出来ない体験でしたね。国宝の高舞台から見た景色は、言葉では言い表せないものでした。本番前日のリハーサル時は大雨で、誰かが滑って転ぶんじゃないかと心配していたら見事に自分が転んだりもしたんですけど(苦笑)。本番はお陰様で晴天の元、舞うことが出来ました。独特の緊張感もありましたが、あの空気と瞬間は自分の中に深く刻まれました。この作品に携わってから予想もしていなかった貴重な機会に恵まれることが多くて、とても有り難いですし、幸せなことだなと思っています」

 

 原案のゲームである「刀剣乱舞-ONLINE-」はオーディションで役を勝ち取った時から始めており、今もプレイ中。昨年放送されていたアニメ『刀剣乱舞-花丸-』も視聴して「石切丸が映るとテンションが上がってしまいました! もう、ただの審神者です(笑)」と、作品・役への愛を隠さない。石切丸のことは「一緒に歩んできた相手」だと表現する。

崎山 「今まで演じてきた役の中でどれが一番というのはないですけど、石切丸は今までもこれからも、自分の中で大きい脈になってくれた存在です」

 

 新作公演には、徳川家康の愛刀・物吉貞宗、天下三名槍のひとつである蜻蛉切、それに伊達家伝来の刀である大倶利伽羅や初代村正の作で、恐ろしいほどの切れ味を持つ千子村正など、戦国時代に所縁のある刀剣の数々が“刀剣男士”となって登場する。

崎山 「僕が演じる石切丸は神社の御神刀だった大太刀なので、にっかり青江という幽霊を斬ったとされる大脇差と共に、どのように戦国時代の刀剣や歴史と絡むことになるのか注目して頂ければ。個人的にはゲーム内で関係性が見えた気がする、にっかり青江と一緒に出られることが嬉しいです。今までの“刀ミュ”に登場してきた“刀剣男士”が好きな方にも新作公演を楽しんで頂きたい。やっぱり『刀剣乱舞』が好きだなと思って頂けるように舞台に臨みますので、楽しみに待っていてください」

 

 今年1月には上海公演も成功させた“刀ミュ”シリーズ。2017年はどのような展開が待っているのだろうか。まずは崎山が意気込む新作公演の続報に注目したい。

 

インタビュー・文/片桐ユウ
構成/月刊ローチケHMV編集部 2月15日号より転載

16-1215_LC_h1-3.indd
掲載誌面:月刊ローチケHMVは毎月15日発行(無料)
ローソン・ミニストップ・HMVにて配布

 

【プロフィール】

崎山つばさ
■サキヤマ ツバサ 1989年11月3日生まれ、千葉県出身。読者モデルとして活躍後、2014年より俳優として舞台を中心に活動中。主な出演舞台に、ミュージカル『刀剣乱舞』~阿津賀志山異聞~ (石切丸 役) 、『孤島の鬼』、『ノラガミ -神と願い-』、ミュージカル『Dance with Devils』、『クジラの子らは砂上に歌う』、『ROCK MUSICAL BLEACH』~もうひとつの地上~、*punish*vol.15『サムライモード』、2.5 Escape Stage『甲鉄城のカバネリ』など。舞台×ライブのアイドルステージシリーズ『CHaCK-UP』の土星人★ドットとしても活躍中。2017年1月26日、崎山つばさファースト写真集『YOKU』(徳間書店)が発売。

 

【公演情報】

toukenranbu

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年(みほとせ)の子守唄~

日程・会場:
2017/3/4(土)~26(日) 東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo
2017/4/1(土)~9(日) 大阪・梅田芸術劇場 メインホール
2017/4/14(金)~23(日) 東京凱旋・AiiA 2.5 Theater Tokyo

詳しいチケット情報は下記ボタンにて!