Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/engekisengen/engekisengen.com/public_html/beta/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103
・インタビューしちゃいました!! ・取材してきました! 2017-01-07 00:11

『ニューイヤー・ミュージカル・コンサート2017』リハーサル&インタビューレポート!

imgp2490

クラシックの世界では恒例イベントとして世界中で開催されるニューイヤー・コンサートのミュージカル版が、東急シアターオーブで開催!

ブロードウェイなど世界各国で活躍中の海外ミュージカル・スターが、このコンサートの為だけに来日!

今回はそんな『ニューイヤー・ミュージカル・コンサート2017』のリハーサル&インタビューの様子をレポート!ミュージカルの魅力をたっぷり語っていただきました♪

まずはリハーサル風景から。

渋谷・東急シアターオーブのリハーサル室で、生オーケストラとともにリハーサル!

%e3%83%aa%e3%83%8f%e9%a2%a8%e6%99%af

和気あいあいとした雰囲気の中始まり、音楽が流れるとそこはもうミュージカルの世界!表情豊かなシンガーの歌声を聞いているだけで、ワクワクする世界に浸れます。

%e3%82%8a%e3%81%af

今回のリハで披露されたのは、『レント』の「SEASONS OF LOVE」と、『クレイジー・フォー・ユー』の「I GOT RHYTHM」の2曲。この2曲はもちろん、今回披露されるどの楽曲も、誰もが一度は耳にしたことがあるような楽曲たちばかり!

シンガー同士がにっこり顔を見合わせたり、スタッフ陣もノリノリで手拍子していたりと、とっても良い雰囲気♪

 

リハーサルの後は、全出演者によるインタビュー。今回のミュージカルに参加するのは世界各国で活躍中のミュージカル界のスター6名が大集結!ミュージカルの魅力について語っていただきました!

昨年、初の来日を果たした「キンキーブーツ」で主人公チャーリー・プライス役として出演したアダム・カプラン。「歌を、自分の体験に結びつけることができることだと思うな。個人的には、劇中で歌が始まったときに、お客様が『あっ、あの曲だ!』と分かってくれる瞬間がとても好きだよ。」とのこと。観客と一体となって楽しめるのですね♪

imgp2462

『オペラ座の怪人』など、ブロードウェイ出演最多回数を誇るブロードウェイ界の”レジェンド”ハワード・マクギリンの思うミュージカルの魅力は、「アダムが言ったことに重なるが、ミュージカルは、観ている人の感情を引き上げてくれるものだと思っているよ。そうすることによって、ストーリーにより引き込まれるという効果をもたらすんだ。」なるほど!!

imgp2469

今回の演目では、ブロードウェイ・ミュージカルの原点とも言われているウエスト・サイド・ストーリー』の曲目が入ってきますが…

ハワード「そういった意味で、『ウエスト・サイド・ストーリー』は初めてドラマ的な物語をミュージカルにした作品だと思っている。『ロミオとジュリエット』という話をベースに、音楽を劇中にもってくることによって、観ている者の感情を高ぶらせて、ストリートプレイを観るときに比べて、ストーリーに引き込む力が生まれる。レナード・バーンスタインが音楽を手掛ける『ウエスト・サイド・ストーリー』は本当にミュージカルのクラシックの名作の一つだね!」

 

『ノートルダム・ド・パリ』のパリ公演を抜けて来日してくれたロベール・マリアンも、

「『ウエスト・サイド・ストーリー』はマスターピース(傑作)だよ!!」と声を弾ませています♪

imgp2466

 

東急シアターオーブのワールド・ミュージカル・コンサート・シリーズに4度目の頂上となるマット・ローランは「単なる歌という訳ではなくて、ミュージカルの歌では物語を語り、歌っているキャラクターの人格も出てくるから、歌う側としても光栄なことなんだ。」とのこと。

imgp2481

今回のコンサート自体の魅力については、初来日となるティール・ウィックスが「広範囲の作品を網羅していることだと思うわ。違うジャンル、時代のものを一つのコンサートの中で披露できる。ミュージカルの中では、その時代の言葉の訛りなども意識しないといけないけれども、このコンサートの中では、自分自身の歌を出せることも魅力なんです。逆に自分の中から0から作り出さなければならないから、大変な部分もあるけどやりがいがあるわ。」と語ってくれました。

imgp2476

将来が期待される若手俳優の一人、ジーナ・クレアは「今回初来日ですが、子どものころから大好きだった歌をこんな素晴らしい方々と歌えてとてもうれしいです。」

imgp2464

ロベール「ティールとジーナの二人のウィキッドの『FOR GOOD』は、二人の感情が高まり合って、素晴らしいものになっているよね。」

マット「新しい人と歌うとなると、最初は探りながら合わせることになるけど、この6人ならではの素敵なマジックを作り出せるんだ。」

 

ミュージカルの魅力について、終始キラキラとした笑顔で語ってくれました!

本番への期待がとっても高まります。素敵な舞台になること、間違いなし!

 

東京公演は今週末1月7日~9日の3日間。当日引換券を販売中!

1月11日には大阪公演も!2017年幕開けの彩りに、足を運んでみてはいかがでしょうか♪

 

\歌を聞いたらきっと行きたくなる!!?/

インタビュー中に出てきた『ウエスト・サイド・ストーリー』のチケットも好評発売中★

ブロードウェイ・ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」

レナード・バーンンスタイン生誕100年記念ワールドツアー

詳細はこちら!http://l-tike.com/play/wss2017/

取材・文 ローチケ演劇部(か)