Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/engekisengen/engekisengen.com/public_html/beta/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103
・インタビューしちゃいました!! 2016-08-19 12:29

ジョンソン&ジャクソン『夜にて』
大倉孝二・ブルー&スカイ インタビュー

yorunite01

ナイロン100℃の看板役者のひとりである大倉孝二が劇作家・演出家のブルー&スカイとタッグを組み、2014年に活動をスタートさせた演劇コンビネーションが“ジョンソン&ジャクソン”だ。前回ともまたがらりと顔ぶれ、趣向を変えて臨む2年ぶりの第2弾公演『夜にて』は、とある町を舞台に繰り広げるサスペンスコメディになる予定だという。この秋の本番に向けひたすら自分たちが面白いと思う演劇を探求し続けている大倉とブルー&スカイに、今回は果たしてどんな舞台になりそうか、話を聞いた。

――まず、今回のキャスティングの狙いからお聞きしたいのですが。

ブルー&スカイ 今回は新鮮なキャスティングにしたい、と大倉さんが当初から言っていたので。

大倉 前回は(池田)成志さんを筆頭に村岡(希美)とか池谷(のぶえ)さんといった、僕やブルー&スカイさんに近い人で占められていたので、少し変えてみたいなと思ったんです。佐津川(愛美)さんに出ていただくのも、いわゆる演劇畑の人でない、あまりここには出そうにない人に出てもらいたかったのでお願いしました。

 

――今回の『夜にて』は、どういうお話になりそうですか。

大倉 いわゆる詰めた内容はただいま絶賛打ち合わせ中なので、具体的なことはまだちょっと言いづらいんです。暫定でいろいろなことを決めていっているところなので。でもチラシに書いてあること(「夜の街を満たす、悪意と欲望。貪り合う男と女、繰り返される暴力、不可解な失跡、戦慄のサスペンス、ていうコメディ!」チラシより引用)は抽象的な文章ではありますが、だいたいこんなようなことをやってみたいなということを表してはいます。いつも必ず「コメディです」と謳っているわけですけど、もちろん今回もやりたいことはいつだって僕らはくだらないコメディなので。そのためにストーリーをつけているだけのことで、やりたいのはただ自分たちが面白いと思うものだけなんです。

ブルー&スカイ 僕もこれまで、自分ひとりで脚本、演出を手がける時は本当にくだらなくてバカバカしい演劇しかやったことがなかったですからね。自分ひとりで書く時はどうしても自分が書きやすい題材や方向の作品になってしまいますが、こうして大倉さんと一緒にやる時は「いつもやっていることではない方向性のものをやりましょう」と言われるので、今回でいうとちょっとサスペンスタッチみたいなものとか、ふだんなら自分が手を出さないことをジョンソン&ジャクソンではやっています。その際ももちろん、くだらなくてバカバカしい芝居というのは大前提ですけど。だから今回も、くだらなさのなかにも新しい何かが作れたらいいなと思っています。

大倉 ブルー&スカイさんがひとりで作・演出するもののほうが、当然ブルー&スカイ純度は高いと思いますし、それはそれで僕はものすごく面白いし、一観客として大好きなんですけど。でもここでは僕も一緒に作・演出をやるので、だったら少し違う色合いのものをやったほうが意味があるというか、ジョンソン&ジャクソンとしての色が出るんじゃないかと思うんですよ。まあ、今回がどうなるかはいまだ模索中ですけど。とりあえず今は、僕がしたいことをいろいろ提案して、断片的なイメージを伝え、ブルー&スカイさんがその中からさらに自分もやりたいことを少しずつまとめていっているところです。だからすべてが未定なんですが唯一決まっているのが、僕が主人公だということ。ある街にやってきた男が僕で、そこでいろいろな人たちに巻き込まれていく、という。そこにサスペンスを交えたりしながら、めちゃくちゃなものにしたい。

ブルー&スカイ 大倉さんが物語の軸を担うというのは、考えてみたら今までやっていなかったんですよ。特に前回は。

大倉 どうでもいいことしかやっていなかった(笑)。

ブルー&スカイ 軸ではなく、その横道のところでふざけまくって何役もやって、という役回りだったので。ちょっと今回は完全に主人公という立ち位置でやってみようと、キャストが決まる前、劇場や公演日程が決まる前から話していたんです。

大倉 実を言うと僕自身、主人公をやりたいという欲求が全然なくて。でも意外にブルー&スカイさん始め、周りの人から「なぜ主人公をやらない?」って言われていたので、だったら別にそれでもいいや、と。

yorunite02

――ではブルー&スカイさんは今回、大倉さんを主人公としてどんな風に書こうと思われていますか。

ブルー&スカイ 今までは大倉さんのいわゆるコメディタッチの演技が好きだったのでそういう感じでやってもらっていたんですが、今回はあまり舞台では見たことのないくらいの、渋めの大倉さんでやっていただこうかと。

大倉 くっくっく。

――それはまた新鮮ですね!

ブルー&スカイ 渋いといっても無口になっちゃうと面白くなくなっちゃうので、よくしゃべる渋めの人にしたいです。

大倉 でも、いざ書き始めたらやっぱり無理だーってなるかもしれない。そこはもう、まかせます。

 

――では逆に、大倉さんがブルー&スカイさんに感じている魅力とは。

大倉 やっぱり独自性でしょうね。他にいないと思います、こういう人。

――大倉さんとブルー&スカイさんが組んだ舞台では、いつもブルー&スカイさんが役者として出てくることも楽しみのひとつなんですが。

大倉 (笑)

――ブルー&スカイさんの役者としての魅力は、どう思われてますか?

大倉 役者としての魅力? あまり感じていないです(笑)。でもみんな好きですよね。ですからもちろん今回も出ますけど、俺としてはそんなに。だってとにかく頼りにならないんですから。それが観る人にとってはいいところかもしれないですけど。でもまあ、面白いですよね。だって結局、一番稽古場を湧かすのはブルー&スカイさんですから。

ブルー&スカイ ……でも声が小さいって……。

大倉 それはいつも俺が注意するよね。

ブルー&スカイ あと、ハッキリしゃべれ、って……。

大倉 ハッキリしゃべり過ぎて変な感じになっちゃってる時もあるけどね。本番までに発声練習はしておいてくださいね。

ブルー&スカイ いや、いつも言っているけど、声は僕だって出そうと思えば出せるんですよ。

大倉 そうそう、今回は鎌田順也さんにも出ていただくわけなので、作家さんがふたりも舞台上にいるという事態になっちゃいました。これ、どうなるんだろう。だけど佐津川さん、佐藤真弓さんや大堀こういちさんといった、しっかりした役者さんもいるので。そこにあえてブルー&スカイさんと鎌田さんという不確定要素を持ったふたりを加えてみたわけです。なにしろ鎌田さんに至っては僕、芝居しているところを見たことすらないですから。

――じゃ、なぜ役者として出演オファーをかけたんですか?

大倉 ルックスが良かったからです。

ブルー&スカイ 鎌田さんがナカゴーで作っている作品がものすごく面白いから。ああいう芝居を作る人が役者としてやったらどんなことになるのか、見てみたかったんですよ。

yorunite03

――そういう意味では、佐藤さんと大堀さんは大切な安心要素ですか。

大倉 僕らのようなチームにおいては、そういう人たち抜きではフワフワしたものになってしまうので、実力派の人は絶対必要です。

――その中では菊池明明さんは前回に引き続いての出演ですね。

大倉 菊池は直接「出してくれ」と直談判をしてきたので。あと、どうやら鎌田さんのところでもお世話になったらしいので、鎌田さんもひとりだけ急にこんなところに連れて来られても不安だろうし、菊池がいれば心強いのではと。

 

――佐津川さんには、どういう役柄をやっていただく予定ですか。

ブルー&スカイ 大倉さん演じる男と恋をする役をやっていただきたいかな、と。ちょっとサスペンスの中にラブストーリーも入れたいんです。バカバカしいラブストーリーにはなるでしょうけど、キュンとするような、ね。

大倉 まあ、ヒロインをやっていただくことには間違いないですけど、でも別にただ可愛らしいとかそういうことだけではなくて、いろいろな側面が出る役をやってもらいたいかな。

 

――では最後にお客様へ向けて、お誘いの言葉をいただけますか。

大倉 あまり、お芝居の中でいいことを言ったり、深いメッセージがあったりもしないですが。そういうのでもいいや、なんだかわからないけどとにかく面白いものが観たいと思う人はぜひ来てください。そこに関してだけが、僕らの唯一の生命線なのでね。

ブルー&スカイ この公演のことを知ってくれて、ちょっと観に行こうかどうしようか迷っている方がいたら……ま、迷ってください。

大倉 何を言ってるのかな(笑)。

ブルー&スカイ 迷った末に、行こうと思っていただけたらうれしいなと思って。だってあまり「お見逃しなく!」とか言いにくいじゃない。

大倉 あ、でも公演期間がたったの約10日間しかないので。最近はどうしてもSNS上の評判をチェックされてから購入しようとする方が多いみたいですけど、10日間だとアッという間に終わっちゃいますからね。ちょっとでも興味があったら、なるべく前半のうちにぜひお越しください!(笑)

 

インタビュー・文/田中里津子

 

【プロフィール】

大倉孝二

■オオクラコウジ ’74年、東京都出身。’95年にナイロン100℃に入団。劇団公演だけにとどまらず、外部公演にも多数出演し、その独特の飄々としたキャラクターで人気を博す。テレビドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』『火の粉』、映画『ロマンス』『HERO』『秘密 THE TOP SECRET』など映像分野でも活躍中。

 

ブルー&スカイ

■ブルーアンドスカイ ’73年、東京都出身。’94年に劇団猫ニャー(のちの演劇弁当猫ニャー)を旗揚げ、’04年に解散するまで全作品の作・演出を手がけた。2012年に“ブルースカイ”から“ブルー&スカイ”に改名。舞台だけでなく映像作品やラジオドラマ等、放送作家としても活動している。

 

【公演情報】

ジョンソン&ジャクソン『夜にて』

yorunite04

日程・会場:
2016/10/20(木)~30(日) CBGKシブゲキ!!
2016/11/3(木・祝) 盛岡劇場 メインホール
2016/11/5(土) チームスマイル・いわきPIT