Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/engekisengen/engekisengen.com/public_html/beta/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103
・NEWS 2016-11-16 19:14

「レント20周年記念ツアー来日公演」村井良大&中村倫也&ユナクより応援メッセージ到着!

main
世代を超えて観る者の胸を焦がす、「レント」の魅力。
応援メッセージ動画も到着!

 

 いよいよ来月に開幕する「レント20周年記念ツアー来日公演」。開幕を前に、生誕20周年という記念すべきアニバーサリー・イヤーを迎えた「レント」へ、2015年に「レント」日本語版でマーク役を務めた村井良大、2012年にロジャー役を務めた中村倫也、2015年にロジャー役を務めたユナクが「レント」への熱い想いを語ってくれました!また、各界の方々にも応援メッセージが寄せられました!

 

★村井良大 (2015年マーク役)

映画のDVDを初めてみた時、「なんで今まで知らなかったんだ」と思った。「なんでこんな素敵な作品知らなかったんだだろう」って。特に好きなシーンは、 “サポートグループ” からの “アウト・トゥナイト”、そしてその後の “アナザー・デイ”。人生をかけて偉大な1曲を残したいという想いを抱えながらも引きこもりがちなロジャー、そんなロジャーを外へ連れ出そうとするミミ。そしてそれを遠くでみているサポートグループ。その流れがとても素敵。

「レント」は言葉の交錯がすごく美しいから、今回は英語歌唱にどのような字幕がつくのかも楽しみ。そういうところに「レント」の素晴らしさがあるなと思う。

「愛する」ってこんなに綺麗なんだと教えてくれる。色んなことに気づかされるし、「レント」を観て価値観が変わる。人生を揺さぶられる作品です。

観ると人生が変わります!20周年に、オリジナル演出で、日本に上陸するなんて、こんな機会はない。

 

★中村倫也(2012年ロジャー役)

命の火を燃やしている若者たちの生きざまを垣間見れる。

作品として、好き。この中に混ざって、「レント」っていう楽曲をやってみたいって思った。同時多発的に、色んな所で色んな人物のドラマがあって、それが入り乱れていて楽しい。音楽としては本当に多様で「なんでこんなに書けたんだろうあの人。」って思うくらい、ジョナサン・ラーソンの才能と計算され尽くした能力をひしひしと感じる。

昨年上演された日本語版を観た時には開演2分で涙が出てしまうような、思い入れのある作品です。

そして今回は英語上演。英語でつくられたものを英語で観られる機会は、日本ではなかなかないと思う。そういう意味でも「レント」をより深く楽しめる環境が今回は整っている。僕自身、とても楽しみです。

 

★ユナク(超新星/2015年ロジャー役)

あまり(感動して)泣かないタイプなのに、初めて曲を聞いた瞬間から泣いてしまった。曲がすごくいい。愛はどこにでも存在しているんだなって気持ちになった。

主役が一人ではなく、皆それぞれにテーマがあって、それぞれの人生や愛をつくっていくという舞台。「No day but today」=今日しかないというテーマで、稽古をするときから「レント」の魂をこめて芝居をしていた。オリジナル(演出版)の「レント」が来るのはとても楽しみです。

 

★湯山玲子 (著述家)

マツコがテレビのゴールデンタイムの花形となり、渋谷区が同性パートナーシップ条例を制定した今こそ観るべきミュージカルの金字塔。なぜなら、この作品に登場する、社会から見捨てられた若者たちの存在は、現在の日本では絵空事ではなくなっているからだ。ミュージカルというエンターテイメント性が強い表現に、みごとにこの社会性が響き渡るのは、今は無き作者がテーマを体現してきた存在だったからだろう。作品の下敷きになったオペラ『ラ・ボエーム』にも繋がる、社会の不条理に傷つき、涙し、それぞれが大人の第一歩を踏みだしていく若者群像が印象深い。

 

尾上松也 (歌舞伎俳優)

人生で生きていく上でのインスピレーションを得られる作品。友情と生と死という中で、普段忘れてしまいがちな尊いものを思い返させてくれます。

 

梅田彩佳 (女優、タレント)

“愛”と言葉にすることを恥ずかしくないと教えてくれた、心が愛で溢れる作品。こんなにも愛される素敵な作品に出会えたこと、本当に嬉しいです。

 

村井良大 (俳優/2015年マーク役)

「愛する」ってこんなに綺麗なんだと教えてくれる。人生を揺さぶる作品。
20周年に、オリジナル演出で、日本に上陸するなんて、こんな機会はない。

 

中村倫也(俳優/2012ロジャー役)

命の火を燃やしている若者たちの生きざまを垣間見れる。
オリジナル演出版は、一瞬の火花のような荒削りなパワーがある。一見ドラマチックだが決して作り話ではない・・それがこの作品の強さであり怖さである。

 

芹奈(Little Glee Monster)

歌の大切さ、歌の力を教えてくれました。言葉が通じなくても音楽さえあれば、繋がれるのだと思います。

 

かれん(Little Glee Monster)

それぞれの環境でみんな闘っている…そんな姿に勇気をもらいました。

 

MAYU(Little Glee Monster)

劇中の「Seasons of Love」は私達がデビュー前から歌い続けている思い入れの強い曲です。これからも大切に歌って届けていきたいと思っています!

 

【舞台写真】

(L to R) Danny Harris Kornfeld, Kaleb Wells RENT 20th Anniversary Tour, Credit Carol Rosegg, 2016.

(L to R) Skyler Volpe, Kaleb Wells RENT 20th Anniversary Tour, Credit Carol Rosegg, 2016.

David Merino RENT 20th Anniversary Tour, Credit Carol Rosegg, 2016.

The Company of the RENT 20th Anniversary Tour RENT 20th Anniversary Tour, Credit Carol Rosegg, 2016.

(L to R) Jasmine Easler, Katie LaMark RENT 20th Anniversary Tour, Credit Carol Rosegg, 2016.

009 011 012  014 015 016013

 

【公演情報】

『レント』20周年記念ツアー 来日公演

愛で数える20年。
525,600minutes×20years

ミュージカルの歴史を変えた『RENT』が、オリジナル演出版で蘇る!!
7年ぶりの来日公演決定!

≫キャスト情報はコチラ

日程:2016/12/15(木)~12/31(土)
会場:東京国際フォーラム ホールC

★詳しいチケット情報は下記ボタンにて!