Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/engekisengen/engekisengen.com/public_html/beta/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103
・取材してきました! 2015-02-12 19:11

劇団プレステージ第9回本公演「WORLD’S ENDのGIRLFRIEND」稽古場レポート!

いよいよ28()よりCBGKシブゲキ!!にて幕をあけた劇団プレステージ第9回本公演「WORLD’S ENDGIRLFRIEND」。

pre0

 

もうすでに舞台をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、今作は劇団初のラブファンタジーです。

公演が発表された際のインタビューでは大村、風間、高橋、そして今井、平埜が“自分たちのイメージする第9回本公演”に対する思いを熱く語ってくれました。その時には脚本もなく、もちろんオーディション前でしたから自分がメインキャストになるかどうかもわからない状況でしたが、今井隆文は別の舞台と重なりオーディションに参加しないことになったり、メインキャストに新しいメンバーが抜擢されたり。準備段階からサプライズがあるのも“劇団プレステージならでは”なのです。

pre1

稽古場で大村が言っていました。
「“劇団プレステージに新しい風を入れたい。”今作はそういう大きな狙いもあるんです。しっかりとお芝居を届ける作品になると思いますよ。」

今作で初のメインキャストに抜擢された城築 創。

pre2

彼は劇団プレステージに所属してまだ半年。身長155cmと小柄ながら、存在感のある演技を見せます。舞台での彼を見ればメインキャストに選ばれた理由も納得という実力の持ち主。逆に城築のような芝居をするタイプがメンバーの中にいなかったからか、彼の動きひとつひとつに周りのメンバーが注目しているように見えました。大村が言う“新しい風”というのはそういう意味もあるのではないでしょうか。

 

pre3

今作のための役作りで髪を伸ばし、無精ひげを生やしているという平埜生成。
これまで何度となくお届けしていますが、稽古場で見る彼のTシャツは相変わらずメッセージ性が強い。

 

pre4

強すぎる(笑)。

それは別として(笑)、前作を終えてから平埜は「見上げればあの日と同じ空」(再演)やNINAGAWA×SHAKESPEARE LEGEND Ⅰ「ロミオとジュリエット」とプレステージ以外の舞台出演が続き、あの蜷川幸雄さんの稽古も経験。恐らく彼にとっては勉強の1年だったに違いなく、今作では元気のいい可愛い弟キャラ全開だった芝居とは明らかに異なる、その成長した姿を皆さんに見せています。

 

pre5

今回は新しいキャラクターに挑戦する猪塚健太。あまり多くは書けませんが、観客が彼の演じるキャラクターを好きになれるかどうかでこの物語の印象は大きく変わるのではないでしょうか。この時、・・・彼はまだまだ悩んでいました。

 

pre6

高頭祐樹が演じる役もまだどんなキャラクターにするか稽古場ではかなり模索していました。弾けてみたり、無表情になってみたり、イライラしてみたり。演出家のオーダーに合わせ彼は繰り返し繰り返し同じシーンを別のキャラクターで演じ分けていました。カラスやオウムといった鳥類を演じることも多いですが(笑)、さすが劇団の古株。今作ではちょっと不思議な、ちょっとおかしな存在感で物語を動かしていくことになるでしょう。

 

pre7

いつも舞台で笑いを提供してくれる高橋秀行。でも今作ではかなり堅物の医者を演じています。「俺はいろんなタイプの芝居ができるタイプじゃないですし」と本人はよく言うのですが、ちょっとふざけたキャラクターもさることながらクールで恐い感じの人物が逆にハマっていて、演技の幅を見せつけてくれています。

 

pre8

前回のインタビューの時、“自分のやるべきことが見えた気がする”と言っていた風間由次郎。稽古場の片隅でずっと劇中で使用する音源を聴きながらどういうパフォーマンスを作っていくのか考えていました。観客がどういう反応をみせてくれるのか、一番緊張していたのは彼かもしれません。

 

ひとつの舞台ができるまでに、試行錯誤、紆余曲折、連日の稽古を経て初日を迎えます。本番が始まってもまだまだ変化を見せるのが舞台の面白いところです。
劇団初のラブファンタジーがCBGKシブゲキ!!にて絶賛公演中です!
※全公演当日券もありますので、ぜひ彼らの勇姿を劇場で堪能して下さい!

pre9

その日、俺とアイツは危うく、あの世行きの列車に乗せられるところだった。
ポンコツ案内人のミスにより、予定よりも早く、そこに連れて来られたらしい。
残りの時間を取り戻すべく、地上に戻る事を許された俺たちだったが、あのポンコツ野郎ときたら、またとんでもないミスをやらかしやがった。
世界の終わりで、俺たちにはやるべき事がある。
アイツは自分自身の為に、俺は、愛するエリの為に……。

 

■脚本 北川亜矢子

■演出 大関 真(SET)

■出演者 猪塚健太、岩田 玲、太田将熙、大村 学、風間由次郎、春日由輝、加藤潤一、株元英彰、城築 創、小池惟紀、向野章太郎、坂田直貴、園田玲欧奈、高頭祐樹、高橋秀行、
長尾卓也、原田新平、平埜生成、山下銀次

■会場 CBGKシブゲキ!!
http://cbgk.jp/
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-29-5 ザ・プライム6階

■公演日程
2015/2/8(日)~2/22(日)