Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/engekisengen/engekisengen.com/public_html/beta/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103
・インタビューしちゃいました!! 2018-02-06 13:03

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 Produced by TBS <上弦の月>霧丸役 平間壮一 インタビュー

hirama-main

2017年3月にオープンして以来、“花・鳥・風・月”、そして“極”まで、5シーズンにわたって脚本、演出、キャストを大胆に変えながらロングラン上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人』。観客席が360°回転するという画期的な新劇場、東京・豊洲のIHIステージアラウンド東京にて現在上演中の“Season月”(上演は2018年2月下旬まで)では、“上弦の月”と“下弦の月”の“ダブルチーム制”という劇団史上初のチャレンジを決行! 同じ台本を使い、ベースの部分は同じ演出ながら、キャストに合わせてかなり雰囲気の違う作品になっていると大きな話題だ。その“上弦の月”チームで<霧丸>を演じているのは平間壮一。新感線にはこれが記念すべき初参加となる平間に、製作発表時の段階で意気込みを聞いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2018-02-05 19:07

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 Produced by TBS <下弦の月>兵庫役 木村了 インタビュー

kimura-main

“花・鳥・風・月”、そして“極”まで、シーズンごとに脚本、演出、出演者を変えながら上演を続けている劇団☆新感線『髑髏城の七人』。東京・豊洲の〔IHIステージアラウンド東京〕で、2018年2月下旬まで上演中なのがこの企画の第4弾にあたる“Season月”だ。“上弦の月”と“下弦の月”という2組のキャストが日替わりで登場する“ダブルチーム”制という劇団史上初の趣向で臨んでいる今回、その“下弦の月”で<兵庫>を演じているのが木村了。新感線には『蜉蝣峠』(2009年)以来の出演となる木村に、製作発表時の段階で意気込みを語ってもらった。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2018-02-05 19:06

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 Produced by TBS <上弦の月>兵庫役 須賀健太 インタビュー

suga-main

2018年2月末まで、東京・豊洲のIHIステージアラウンド東京にて絶賛上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人』。これまで“花・鳥・風・月”とシーズンごとに脚本、演出、出演者を大胆に変えつつ上演を続けてきたが、その第4弾“Season月”では“ダブルチーム”制を実施し“上弦の月”と“下弦の月”という2チームが交互でステージを務めている。その“上弦の月”で<兵庫>に扮しているのは須賀健太だ。新感線には初参加の須賀に、製作発表の段階で作品への想い、意気込みなどを聞いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2018-02-02 12:00

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 Produced by TBS <下弦の月>極楽太夫役 羽野晶紀 インタビュー

hano1

IHIステージアラウンド東京にて、2018年2月末までロングラン上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人』。“花・鳥・風・月”とシーズンごとに趣向を凝らして変化、進化を続けてきたこの舞台、いよいよ第4弾となる“Season月”では劇団史上初の“ダブルチーム”制として“上弦の月”チームと“下弦の月”チームが1日交代でステージを務めている。同じ脚本、同じ演出を同じ稽古場で受けて来たにもかかわらず、個性あふれるキャスティングのため、かなり違う色合いの作品になっているのも見どころのひとつだ。“上弦の月”では高田聖子が演じている<極楽太夫>を“下弦の月”で演じているのは、新感線の本公演にはなんと17年ぶりの復帰となる羽野晶紀。これまた久しぶりの新感線の過酷なヴィジュアル撮影を終了した時点で、劇団復帰への想い、今回の企画のことなどを語ってもらった。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2018-02-02 12:00

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 Produced by TBS <上弦の月>極楽太夫役 高田聖子 インタビュー

takada

東京は豊洲、IHIステージアラウンド東京にてロングラン上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人』も、2017年11月末にいよいよ第4弾の“Season月”が開幕。2018年2月末まで劇団史上初の“ダブルチーム”制でフレッシュ感溢れるステージを繰り広げている。その“上弦の月”チームで<極楽太夫>を演じるのは、新感線の看板女優のひとり、高田聖子。過去の『髑髏城~』では1990年初演版で<沙霧>、1997年版と2004年版『アオドクロ』では<極楽太夫>、2011年版では<贋鉄斎>と、さまざまな役柄を演じてきた高田に、今回のヴィジュアル撮影を終了した時点で作品への想いを語ってもらった。

続きを読む


・取材してきました! 2018-01-29 17:53

ONWARD presents 劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』 Produced by TBS 製作発表レポート

集合高画質a

 本格的な稽古も始まり、ますます期待は高まる一方の『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』。2017年3月にIHIステージアラウンド東京のこけら落とし公演として“花・鳥・風・月”と各Seasonごとにキャストはもちろん、脚本と演出も大幅に変えつつ約1年にわたって上演し続けてきた劇団☆新感線『髑髏城の七人』、そのシリーズラストを飾る舞台となる。これまでのメインキャラクターである<捨之介>と<蘭兵衛>が登場しない新たなる『髑髏城』であり、“完全新作”ということもあって内容としてはまだ多くがベールに包まれたままの『修羅天魔』だが、その製作発表記者会見が2018年1月中旬、マイナビBLITZ赤坂にて、華々しく賑やかに行われた。

 

 会場には厳正なる抽選に当選したファンの方々も多数参加されていて、そのドキドキワクワク感が自然と伝わってくる。今回は会見中にTBSの情報番組『ひるおび!』の生中継が入るためか、多少緊張感も漂っている様子だ。まずは漆黒の甲冑に身を包んだ髑髏党の鉄機兵たちがドラマティックなBGMと共に氷上を滑りくるくると回るVTRが流れたかと思うと、その映像からそのまま飛び出てきたかのように8名の髑髏党員が舞台上に現れ、アクションを披露。

そして爆発が起き、その煙の向こうのステージ後方に天海祐希、古田新太らメインキャスト8人のシルエットが浮かび上がった。大きな拍手に包まれて登場したキャスト陣は、黒を基調にした衣装がスタイリッシュかつ個性的ないでたち。その登場の模様から生中継されていた番組とのやりとりが終わると、通常の製作発表会見がいよいよスタート。天海祐希、福士誠治、竜星涼、清水くるみ、三宅弘城、山本亨、梶原善、そして古田新太、各自の紹介が一通り終わると公演の成功を願って、年明け早々に相応しく鏡開きが行われた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2018-01-15 00:00

ONWARD presents 劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』 Produced by TBS 古田新太&天海祐希 インタビュー

dokurojo

相性抜群の天海&古田で“男と女の愛憎劇”を

東京・豊洲に誕生したIHIステージアラウンド東京で現在も上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人』。その“Season花・鳥・風・月”に続けて、このロングラン企画の締め“Season極”として上演されるのが『修羅天魔』だ。これは『髑髏城~』の世界観、登場人物を活かしつつも“完全新作”の“大人の男と女の愛憎劇”として中島かずきが書き下ろしたもの。演出はもちろん、引き続き新感線主宰のいのうえひでのりが手がける。


“織田信長に愛された凄腕のスナイパー”で“渡り遊女”という新設定の主人公〈極楽太夫〉を演じるのは新感線に4回目の出演となる天海祐希。そして信長とある繋がりがあり、関東の一大勢力“髑髏党”党首として君臨している〈第六天魔王〉には劇団の看板俳優・古田新太が扮する。長きにわたる公演のトリを務めるわけだが「もう髑髏城には飽きてるから」と言い放ちニヤリとする古田に合わせるように、天海も「最初に聞いたのが何年も前で、その時はこんな大きな企画の最終作になるとは思っていなくて。ただ生誕半世紀公演をやらなきゃねーと言われて喜んでいたら、こんなおそろしいことになりました」と笑う。既に“Season花”〈贋鉄斎〉役でこの新劇場を経験している古田からだけでなく、さまざまな情報が天海の耳には入っているらしい。
続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-08 16:25

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 Produced by TBS <下弦の月>無界屋蘭兵衛役 廣瀬智紀 インタビュー

ht2

東京・豊洲の新名所、IHIステージアラウンド東京にて上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人』。“Season花”、“Season鳥”、“Season風”に続く第4弾“Season月”は“ダブルチーム”制となり、まったく同じ脚本、同じ演出で、“上弦の月”と“下弦の月”の2チームが交互に上演する形となる。“下弦の月”チームで<無界屋蘭兵衛>を演じるのは、新感線初参加の廣瀬智紀。ヴィジュアル撮影終了後の段階で、インタビューに応えてもらった。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-08 16:25

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 Produced by TBS <上弦の月>無界屋蘭兵衛役 三浦翔平 インタビュー

ms1

11/23(木)についに開幕した、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月。“花・鳥・風・月”と続いて来たこの企画の第4弾にあたる今回は“上弦の月”と“下弦の月”のダブルチーム制だ。同じ脚本と演出で稽古を行っているはずなのに、各キャストの個性が強く打ち出されることで、かなり違う空気感の芝居が生まれそうだと大いに注目を集めている。先に記念すべき初日を迎えた“上弦の月”チームで、無界屋の主人<無界屋蘭兵衛>に扮するのは三浦翔平だ。これが新感線には初参加となる三浦に、ヴィジュアル撮影を終えた直後に意気込みなどを聞いた。

続きを読む


・NEWS 2017-11-24 17:16

ついに開幕!ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 Produced by TBS

10

ついに開幕!シーズン第4弾!ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 Produced by TBS
舞台写真&福士蒼汰・宮野真守のコメントが到着!

今年3月30日に東京・豊洲に誕生した新劇場「IHIステージアラウンド東京」にて、約1年3か月という前人未到のロングランで上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人』。1990年の初演以来、7年ごとに上演されてきた劇団の代表作を、脚本・演出・キャストを入れ替えて上演し続けてまいりました。
その『髑髏城の七人』は“花・鳥・風”を駆け抜け、ついに約3か月に及ぶ“Season月”がスタートいたしました。劇団史上初の試みとなるダブルチーム制を導入し、<上弦の月><下弦の月>の2チームが一日おきに交互に上演、同じ脚本・演出でありながら、キャストが彩りを加え、それぞれ魅力あふれる作品として、お届けいたします。

続きを読む