Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/engekisengen/engekisengen.com/public_html/beta/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103
・インタビューしちゃいました!! 2017-01-15 00:00

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~
松岡広大&佐藤流司&良知真次 インタビュー

naruto
うちはイタチが登場する待望の続編!
迫力の演出とそれぞれの因縁を描く人間ドラマ

 

 世界中で愛される原作の世界観をベースに、アクロバティックなパフォーマンスやプロジェクションマッピングといった映像も駆使して話題を呼んだライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」。2015年の初演、2016年の再演に続き、待望となる続編の上演が決定した。

 前作で主人公うずまきナルト(松岡広大)が修業の旅に出た後の「青年編」に当たる本作には、ナルトの盟友・うちはサスケ(佐藤流司)の一族を皆殺しにして去った兄・イタチ(良知真次)といった新キャラクターが参戦するのも気になるところだ。主演の松岡はこう語る。

松岡「イタチ役の良知さんのほかにもイタチの所属する“暁”のメンバーだったり、新たなキャラクターがかなり入ってくるんです。それによってどういう変化が生まれるのかが、純粋に楽しみです。あとは続編ということで僕らの成長した姿を役でも見せなくてはと思っているので、“今年もまた自分との戦いが始まるんだ”と気を引き締めているところです」

 

 何もかもが手探り状態でスタートした初演に引き続き、ハードなアクションも多かった再演を「いつ倒れてもおかしくなかったと思う程、大変でした」(松岡)、「より完成度の高いものを目指したくて毎回あがいていた」(佐藤)と振り返った2 人。その様子を、良知は客席で見守っていたという。

良知「初演から頑張ってきた2人を見ながら、今回は僕も新たなものを学ぶつもりで参加したいと思っています。『NARUTO』はキャラクターの描き方が魅力的で、キャラクター自体のファンも多いですよね。ですから初演・再演には出ていない役で参加するハードルの高さは、もちろん感じています(笑)。僕自身が観ていてすごくこの世界に引き込まれたので、お客様の期待を裏切らないようにしなくては!」

 

 うちは兄弟の因縁なども描かれる本作だが、登場人物が歌うシーンも加わり、初演・再演とはやや見せ方に変化が出てくるとのこと。

佐藤「まだ台本はいただいていないんですが、ナルトたちのところに戻れなくなったサスケだとか、“ダークサイド”に堕ちた人間の心理描写みたいなものも多くなるんじゃないかと。原作ではサスケがクリーチャーっぽくなる場面もありましたけど、どうなるんでしょうね……?」

松岡「今回は激しい戦闘というより、登場人物同士が気持ちの部分でぶつかるシーンが増えると思うんです。ナルトとサスケ、サスケとイタチだったりがお互いに思っていることをぶつけ合うようなところが肝になってくるんじゃないかと。そこは特に気を付けて演じたいです」

良知「あとは歌が入ることで、これまでのお客様の期待をいい意味で裏切りたいというのもありますね。『なんでここで歌っちゃうの?』じゃなくて、『ああ、その気持ちなら歌うよね』って納得してもらえたらいいなと思うんです」

 

 そして初演・再演で話題を呼んだのが、トランポリンを使ったアクロバットやエアリアル(空中パフォーマンス)といった、観客の度肝を抜く演出の数々。松岡&佐藤に今回どんな仕掛けが出てくるのか予想してもらったところ……?

佐藤「(演出の)児玉さんの頭の中はまるで読めないんですよ。そのサプライズ感を、お客様より俺のほうが楽しみにしているかも。個人的には舞台は体力的にしんどいほうがやりがいを感じられるので、キツいの大歓迎です(笑)」

松岡「役者の僕達も、演出負けしないように頑張ります」

 

 視覚的なスケール感に加え、初演・再演より深みを増した人間ドラマが焦点となる本作だが、現時点でそれぞれが考える見どころとは?

松岡「青年期になるとナルトも考えや行動が変わってきて、周りの人たちとの関わり方もだんだん大人になってくるんです。そういったナルトたちの成長をどう見せるかが大事になってくると思います。僕自身も大人になるにつれて青年期のナルトにシンパシーを感じる部分が増えてきたので、自分とナルトのイメージも自然に近づいていくのではないかと思います」

佐藤「個人的には再演のとき、少年時代のサスケの子供らしくかわいらしい一面を際立たせるよう演じましたが、続編では少し大人になって、さらにもう一歩悪へと踏み込んでいく過程を観せられたらと。今回はとにかくスマートな悪を……サスケは単に悪人ってわけではないんですけど、そういう新たな一面を見せたいですね」

良知「僕をはじめ新しく加わるキャストはしっかり原作を読み込んで、その役のバックグラウンドを理解しながら全力で挑んでいかないと。なにせ普通の舞台じゃないですから……原作が持つエネルギーをより強く増幅させていくから“ライブ・スペクタクル”なんだと思いますし」

 

こぼれ話】

 2.5次元作品といえば衣裳も楽しみなポイントの1つ。ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」の衣裳は、生地の柄や素材感にこだわり、リアルに近づけるためにあえて“汚し”を入れるなど、原作を知っている人なら驚くほど忠実に再現されている。

松岡「原作そのままの見た目にこだわってるので、実際に着て動くとなると結構ボリュームがあったりして…この舞台は運動量も尋常じゃないからなかなか大変です。公演を重ねるとだんだん体型もシャープになってきます。」

佐藤「初演・再演のときには少年の体型に見せるために、衣裳のあちこちにスポンジみたいなものを入れて丸みを出してたんですよ。今回の衣裳にはそれがほとんどないので、若干動きやすくなりました。きっとキツいシーンにも耐えられるはずです(笑)。良知さんのイタチの衣装は、動くとなると大変じゃないですか?」

良知「これがね、結構重たいんですよ(笑)。でも想像してたよりは動きやすいかな。本当に原作の世界観に忠実だから、お客様は衣裳を見ただけでもものすごく燃えるんじゃないですかね。最初に客席から見たときもすごいと思いましたけど、衣裳もメイクも原作そのままのクオリティに持っていける『NARUTO』チームの底力に改めてビックリしています」

 

ⓒ岸本斉史 スコット/集英社
ⓒライブ・スペクタクル「NARUTO‒ナルト‒」製作委員会2017

 

インタビュー・文/古知屋ジュン
構成/月刊ローチケHMV編集部 1月15日号より転載

17-0115_LC_h1-2.indd
掲載誌面:月刊ローチケHMVは毎月15日発行(無料)
ローソン・ミニストップ・HMVにて配布

 

【プロフィール】

松岡広大
■マツオカ コウダイ ’97年、東京都出身。’13年に初舞台を踏み、同年ミュージカル「テニスの王子様」2ndシーズンに出演。主演ドラマ「ベイビーステップ」がAmazonプライムで配信中。また、CM「三井住友銀行」もオンエア中。

佐藤流司
■サトウ リュウジ ’95年、宮城県出身。’11年に俳優デビューし、ミュージカル「テニスの王子様」2ndシーズンなどで活躍。ミュージカル「刀剣乱舞」の加州清光役でもおなじみで、刀剣男士 team三条 with加州清光名義でCDデビューも果たしている。

良知真次
■ラチ シンジ ’83年、東京都出身。舞台のほか映像作品、アーティスト活動、振付など幅広い分野で活躍中。ソロライブ「SHINJIRACHI LIVE【HISTORY ROAD ~COLORS ~】」を1/15[日]・16[月](※追加公演)に開催する。

 

【公演情報】

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~

2017年5月上演決定!

原作:「NARUTO-ナルト-」岸本斉史(集英社 ジャンプ コミックス刊)
脚本・演出:児玉明子
音楽:和田俊輔

出演:
松岡広大(うずまきナルト役)
佐藤流司(うちはサスケ役)

伊藤優衣(春野サクラ役)
君沢ユウキ(はたけカカシ役)

藤田 玲(ヤマト役)
北村 諒(サイ役)
岡田亮輔(薬師カブト役)

大湖せしる(綱手役)

萩尾圭志(鬼灯水月役)
七木奏音(香燐役)
山口智也(重吾役)

林野健志(干柿鬼鮫役)
辻 諒(デイダラ役)
片山浩憲(トビ役)

白崎誠也
寒川祥吾
宮川 連
野間理孔
松林篤美
知念紗耶

悠未ひろ(大蛇丸役)

良知真次(うちはイタチ役)

★お気に入り登録して最新情報を手に入れよう!

NARUTO -ナルト-
岸本斉史
松岡広大
佐藤流司
伊藤優衣
君沢ユウキ
藤田 玲
北村 諒
岡田亮輔
萩尾圭志
七木奏音
林野健志
白崎誠也
松林篤美
知念紗耶
悠未ひろ
良知真次

オフィシャルメルマガ無料会員登録受付中!
最新情報やチケット先行情報をメールでお届けします!