Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/engekisengen/engekisengen.com/public_html/beta/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103
・NEWS 2018-03-23 10:59

ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』 東京凱旋公演決定をうけ、女優・真矢ミキがオフィシャルサポーターに就任!!

support_maya
女優・真矢ミキがオフィシャルサポーターに就任!!
東京凱旋公演のチケット情報は後日発表!

ブロードウェイミュージカルの金字塔的傑作『コーラスライン(原題:A Chorus Line)。1975年にオフ・ブロードウェイで開幕するとたちまち大きな話題となり、同年7月開幕のオン・ブロードウェイ公演は翌1976年トニー賞で全9部門を制覇したほか、ピュリツァー賞など各賞を総なめにした。ブロードウェイ初演は1990年4月までの約15年間、当時としては史上最長のロングランを記録し、世界各国でも空前の大ヒットを記録したまさにミュージカルの金字塔的作品である。そんな『コーラスライン』初演版を忠実に再現した瑞々しくパワフルなリバイバル版(2006年)は、オリジナルキャストに名を連ねたバーヨーク・リーが演出・振付・再構成を担当。トニー賞最優秀ミュージカルリバイバル賞にもノミネートされた。そして今夏、このリバイバル版が7年ぶりの再来日を果たす!すでに東京、横浜、浜松、大阪での公演が発表されているが、7年ぶりの再来日公演ということもあり、チケットの一般発売前からその注目度は高く、今回東京凱旋公演の決定が発表された。

さらに、この世紀を超えてもなお愛され続ける感動の名作の来日公演を記念し、オフィシャルサポーターに女優の真矢ミキが就任することも発表された。真矢ミキといえば女優としてはもちろんのこと情報番組のメインMCを務めるなど幅広く活躍しているが、宝塚歌劇団在籍中には様々な苦労や経験を重ね、ついには花組男役トップスターとして活躍。トップとしての輝きまでの道のりはまさに「いくつもの涙の先に、輝くひとつの夢がある̶̶̶。」というキャッチコピーと重なるものがあるのではないだろうか。

観客ひとりひとり感じるものはそれぞれでも、きっと背中を押してくれるような、かつて思い描いていた夢を思い出させてくれるような、感動を呼び起こす本作。2018年8月15日(水)から26日(日)まで東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11F)、8月29日(水)横浜、そして浜松、大阪へと続き、9月5日(水)から9日(日)までに再び東京国際フォーラム ホールCにて凱旋公演を行う。永久不滅の傑作、お見逃しなく。

 

オフィシャルサポーター:真矢 ミキ
元宝塚歌劇団花組男役トップスター。1995年、「エデンの東」でトップに抜擢される。
以降、宝塚史上初である篠山紀信氏による男役の写真集や武道館コンサートを成功させるなど、独自のアイデアや今までにない自由な発想で異端性を存分に発揮し「宝塚の革命児」と話題になる。
1998年10月、宝塚歌劇団を退団。1999年より、女優デビュー。2003年、映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ!」で演じた女性管理官・沖田仁美役で話題となる。その後、ドラマ、舞台、映画、CM等において女優として輝き続ける。また、「理想の上司」「理想の母親」など各好感度・理想像調査等では常に上位にランクインするなど、男女問わず幅広い層より人気を集めている。

 

【公演概要】
main
LION presents ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』来日公演2018
(生演奏 / 英語上演 / 日本語字幕あり)


日時・会場
【東京公演】 2018年8月15日(水)~26日(日)東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11F)
【横浜公演】 2018年8月29日(水)神奈川県民ホール大ホール
【東京凱旋公演】2018年9月5日(水)~9日(日)東京国際フォーラム ホールC

【浜松公演】2018年8月30日(木)アクトシティ浜松 大ホール
【大阪公演】2018年8月31日(金)~9月2日(日)オリックス劇場

原案・オリジナル振付・演出:マイケル・ベネット
台本:ジェームズ・カークウッド&ニコラス・ダンテ
演出・振付・再構成:バーヨーク・リー
音楽:マーヴィン・ハムリッシュ
作詞:エドワード・クリーバン
オリジナル共同振付:ボブ・エイヴィアン

出演:アメリカ・カンパニー

 

東京凱旋公演のチケット情報は後日発表!