Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/engekisengen/engekisengen.com/public_html/beta/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103
・出演者からのメッセージ! ・観劇してきました! 2015-04-06 15:00

「4BLOCKS」初日レポート&出演者コメント

4b2

諸星和己、DA PUMPのISSA、175RのSHOGO、山崎裕太の4人が主演をつとめる舞台、「4BLOCKS」が3日、東京、池袋のサンシャイン劇場で初日の幕をあけた。

 

本作は、 上記の4人が兄弟で「4BLOCKS」というトップアーティストグループ、という設定のオリジナルミュージカルだ。

演出は河原雅彦、音楽を主演でもある諸星和己自らが担当していることにも注目して頂きたい。

振付も一部ISSAが担当している。

 

共演の女優には、はいだしょうこ、安藤聖、河西智美など多彩な顔ぶれが揃った。

 

かつて一世を風靡したトップグループ「4BLOCKS」が、突然解散を宣告され、落ちこぼれ人生まっしぐらの4人兄弟が、とあるきっかけで再び集結し、音楽とむきあうこととなる。

その中で兄弟間の確執が表面化し、兄弟関係がどんどんこじれていく。

4人をとりまく人々との交流と、真剣に本音でぶつかり合うことによって、徐々にそのもつれがほぐれていき、最後、ついに1つの音楽が完成する、というストーリー。

 

「人生の楽しみ方はいくらでもある!」「誰のものでもない、自分自身の人生という旅を楽しもう!」という作品のメッセージに、観劇後は前向きな気持ちになれるはずだ。

 

一流のアーティスト、パフォーマーとして活躍している出演者たちによる、歌とダンスのシーンは圧巻。さながらライブに来ているかのような興奮を味わえる。

 

一方で、しっかり芝居でも魅せてくれる。基本的にはコメディタッチの明るいシーンが多いが、4人の兄弟喧嘩のシーンなど、思わずヒヤリとするほどの緊張感。

と思えば、諸星とその妻役・はいだとのしっとりとしたやり取りやデュエットナンバー、山崎とその恋人役・河西とのほほえましいシーンなどもはさまり、上演時間2時間30分強、まったく飽きさせない内容となっている。

 

【諸星和己コメント】

このミュージカル「4BLOCKS」は、「自分にとっての挑戦、課題」です。でもこれは、永遠のテーマであって、はっきりと答えは出ていない。ですが、今回は音楽も担当しているので、この約30年間の足跡の答えが出るのが楽しみです。オーディエンス(お客様)にどう受けとめてもらえるかが、楽しみでもあります。

 

【ISSAコメント】

時間の限られた状況で、このキャスト、このスタッフ、このチームじゃなかったら、ここまでやってこれなかったと思う。そういうメンバーに出会えたことは、自分にとって本当にプラスでした。ここまでやってきたことを信じて、仲間と一丸となって、落ち着いてクールに、今日の幕開けを楽しみたい!いろんな喜怒哀楽が詰めこまれていて、それぞれのキャラクターがちゃんと見えてくる作品になっていると思うので、歌とダンスとお芝居と、すべてを気楽に楽しんでください!

 

【SHOGOコメント】

ここまでツライ舞台の稽古は初めてでしたが・・・笑、ようやくその成果を皆さんに披露できて嬉しいです。おそらく再演はありえない4人だと想うので、ぜひ皆さん、劇場に来ていただき、4BLOCKSを体感してください!

 

【山崎裕太コメント】

短い稽古期間の中、よくここまで仕上げられたな・・・と。それは、この気心知れた4BLOCKSの4人だったからこそ。「はじめまして」で共演していたら出来なかったと思います。そして、なにより、演出家の河原さんがここまで創り上げてくれた。その成果を本番に出せる自信もあるし、お客様に楽しんでもらえる作品になっていると、僕だけでなく主演4人、みんな思っています!僕らが、仕事としてだけでなく、1人の人間としても楽しめる部分がたくさんある作品なので、千秋楽までお客様と一緒に楽しみたいと思います。

 

【演出:河原雅彦コメント】

彼らのパブリックイメージとはおそらく真逆であろう、とても真面目で誠実な姿を稽古場でたくさん目の当たりに出来て、それだけでこの仕事を引き受けた甲斐があったというものです。どうしようもなく素敵でチャーミングなエンターテナーの集まりです、この四人は。

 

 

4月12日まで、サンシャイン劇場にて上演される。

チケットのお求めはお早めに!