Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/engekisengen/engekisengen.com/public_html/beta/wp-content/plugins/wp-pagenavi-style/wp-pagenavi-style.php on line 103
・取材してきました! 2017-10-12 18:39

『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』ビジュアル撮影レポート

1

『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』
マコト役・
大野拓朗ビジュアル撮影レポート

12月から2018年1月にかけて東京、兵庫で上演される『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』。

原作は、池袋を舞台に起こる様々な事件や、ストリートギャングを始めとする若者たちの葛藤を描いた石田衣良のデビュー作にして代表作のひとつ「池袋ウエストゲートパーク」。
宮藤官九郎が脚本を担当したTVドラマは大ヒットとなり、同時代を生きる若者たちの中で一大ブームを巻き起こした。

伝説的な作品の舞台化にあたり、3年前からワークショップが重ねられ、この度、満を持しての発表となった。

 

2
 

主人公・マコト(真島誠)を演じるのは、大野拓朗。
連続テレビ小説『わろてんか』、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』等、話題作への出演が続く大野が、難事件を解決する“池袋のトラブルシューター”として、物語の舞台・池袋に降り立つ。

スタッフ陣にも、次代のシアターエンターテインメントを担うクリエイターが集結。脚本・作詞を柴幸男(ままごと)、演出を杉原邦生(KUNIO)、振付を北尾亘(Baobab)が手掛ける。
また、G-Boysのキングことタカシ役に染谷俊之、レッドエンジェルスのリーダー・京一役にダンスロックバンド・DISH//の矢部昌暉が決定したことも発表となった。

 

注目が集まる公演に向けて、真夏日の最中に行われたビジュアル撮影の様子をレポートする。

 

3
 

撮影が行われたのは、都内にあるスタジオ。
スタッフたちが待機していると、衣裳姿の大野がさわやかな笑顔で現れた。

黒チェックのシャツに黒ベスト、ボトムも黒ジーンズといったモノトーンの衣裳だが、大野が現場に入るとそれだけで場が華やいだように明るくなる。
大野がカメラの前に立ち、早速テスト撮影がスタートした。

 

13 124
 

数カット撮り終えて、大野を交えてスタッフ一同でモニターチェック。

「この自然な立ち方がマコトっぽいね」
「事件を解決するタイプに見える」

と、立ち姿の好評を受けて、大野も微笑みながら

「なんだかんだ言いつつ、問題を引き受けちゃうんだよね」

と返す。既にマコトのキャラクターを把握している様子だ。
ナチュラルさと、その中の力強さを意識する方向性でまとまり、本撮影も順調に進んだ。

 

5
 

「カッコつけすぎない方がいいかもね」

というスタッフに、別のスタッフが

「元々、カッコイイからね!」

と返し、撮影現場に笑いがあふれる。
大野もはにかみつつ、撮影の合間には真剣な様子でモニターをチェックしていた。

 

6
 

メインビジュアルの撮影が終わり、続いて動きのあるカットの撮影に入る。
スタッフから参考に……と渡されたサンプル写真の動きの激しさに、唖然とする大野だったが、スタッフから「これはあくまで参考だから!」と言われると、「いや、大丈夫です! やってみます!」と潔く応じていた。
カメラマンからのリクエストに応えて連続ジャンプしてみたり、キックやパンチを繰り出したりと、激しく動いていく大野。

 

87
 

モニターチェックで自身の表情を確認すると「顔が必死だ(笑)」と、苦笑する。
空調が効いたスタジオでも、長袖の上に黒いダウンベストを着込んだ格好で動き回るのはかなりの暑さになる様子。時折スタッフに汗を拭ってもらいつつも息切れするまで飛び回り、ベストショットを追求していた。

 

910
 

仕上がりは、本人とスタッフ共に納得のショット!
ホッとした大野の充実した笑顔が印象的だった。

 

この日は、大野の撮影で終了。
後日、大野のカットをベースに他キャストのビジュアル撮影も進められていく。

 

11
 

舞台は、エピソードのひとつの「サンシャイン通り内戦(シヴィルウォー)」をもとに、歌とダンスを取り入れる展開を予定。
ハイライトとなるダンスシーンでは、キャストの他にオーディションで選出されたストリートダンスカンパニーも参加する構想であることが明かされている。
気鋭のキャスト・スタッフで新たに作り出される「池袋ウエストゲートパーク」の世界に期待したい。

公演は、東京・東京芸術劇場シアターウエストと、兵庫・兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールの2会場にて上演。

 

インタビュー・文/片桐ユウ

 

【公演概要】
main-1-1
池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE

日程・会場:
12/23(土・祝)~’18/1/14(日) 東京芸術劇場 シアターウエスト
’18/1/19(金) ~21(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

原作:石田衣良(『池袋ウエストゲートパーク』文春文庫刊)
脚本・作詞:柴 幸男
演出:杉原邦生
振付:北尾 亘

出演:
大野拓朗

矢部昌暉(DISH//)

塩田康平
海老澤健次
大音智海
尾関 陸
加藤真央
小島ことり
笹岡征矢
高橋駿一
富田大樹
細川 優
三井理陽
伊東佑華(Wキャスト)
徳永純子(Wキャスト)
田中佑弥

染谷俊之